2012年07月24日

スマイルプリキュア23話 感想

第23話「ピエーロ復活!プリキュア絶体絶命!!」

HDDレコーダーがぶっ壊れておりました。とりあえず復活したけど!



 いやー熱かった。とにかく熱かった。今回は「泣き」より「燃え」の回でしたなー。

 序盤、「キャンディと皆と一緒に帰るって絶対約束だからね」そう言いながら指切りをするシーンが良かったです。思えばこの子達ってメルヘンランドの住人とまともに交流もなくて、メルヘンランドとのほとんど唯一の繋がりがキャンディで、そのキャンディにしてもどちらかと言えば自分達の日常の延長線上にある存在な訳で、5人にとってあくまでも戦う理由は友達(日常)の奪還にある。まあ、プリキュアって初代からずっと日常を守るために戦うヒーローとして描かれているんですけど、スマイルは特にそれを感じますね。前半でこれでもかってくらいごく普通の日常を描き続けてきたことがスマイルにおける積み重ねだったのかもしれません。前回の22話で自分達にとって何が大切なのかを見つめ直し、戦う決意を固めた今、上記のセリフは熱いもんがありますね。

 ハッピーはキャンディ救出に向かい、残りの4人は敵幹部とのタイマンに。いや、これも熱いな!こういう少年漫画チックな展開は大好きなんですよねー。ハートキャッチのマリン対クモジャキー、サンシャイン対コブラージャを思い出しました。
 展開も熱けりゃ内容も熱い。作画的な動きの良さだけではなく、4人それぞれの性格や特徴も上手くいかされてました。サニーが岩石持ち上げて「本気でやらんと自分の大切なもん、なんも守れへんやろ!」と叫ぶシーンは鳥肌が立ちましたね。田野さんほんとに演技上手くなってるなぁ。
 ピースのバトルパートを見ててふと思ったのですが、やよいって3、9、22話と孤独を何より恐れているような描写が度々入りますよね。その理由は今になって思えば、恐らく父親との死別という辛い体験から来るものなんでしょう。少なくとも全くの無関係とは思えません。5人の中で一番臆病でどん臭いはずの彼女が勇気を振り絞れる要因がそこにあるとしたらすごく切ない。でもすごい説得力がある。
 マーチのマーチシュート連発。これも「うおおお」ってなりました(笑)「どれが本物かなんてわかんないよ」これは同じく分身する敵が相手だった5話のオマージュですね。5話ではビューティが持ち前の知性を発揮して敵を倒しましたが、そこはマーチ。本物が分からないなら全部倒してしまえ理論。根っこの部分は変わってないんだけど、たしかに成長はしている。初期は必殺一発撃っただけでへたり込んでたのになぁ。良演出でした。
 敵幹部最強のジョーカーにはビューティとポップ。なるほど、上手い組み合わせです。アイスソードは「待ってました!」て感じですね(笑)ジョーカーの剣を受け止めて蹴り→ジョーカー消えて背後を取られる→ポップが盾になってかばう→更にジョーカーの背後を取って近距離ビューティブリザードの流れがカッコイイんすわ!!散り際のジョーカーのセリフもどこか余裕というか底を見せてない所があって、まだ大物感は保ってますね。

 そして、新フォーム、新技お披露目。
 
「プリキュアレインボーバースト!」→炎を吹き消す→「輝け!ハッピースマイル!」→背後で爆発。

 ……か、カッコエエエエエエ!!スイートの「三拍子!1 2 3 フィナーレ!!」が好きだったんで、この背後で爆発の演出は非常に嬉しいですな!炎吹き消しもすげーいいなオイ!

 最後は全員の笑顔で締め。言うことなしの盛り上がりでした。お腹いっぱいです!
 マジでなんでこのタイミングでレコーダー死んだよ……。
posted by 涼秋 at 03:59| Comment(0) | TrackBack(1) | プリキュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

◎スマイルプリキュア!第23話ピエーロ復活!...
Excerpt: {キャ:ミユキたちとずっといっしょにあそぶくる{ずっといっしょにいたい[オニ:くるならこいおに[マ:返り討ちにしてやるだわさ!#>みえてきたでござる卍バッドエンド王国レイ)...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2014-04-15 20:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。